STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯白斑症

投稿日:

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。

原因

原因は、声の酷使や喫煙などの声帯への慢性的な刺激、飲酒が考えられます。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。

治療

治療は、手術的治療を行います。レーザーによる病変部の焼灼が一般的です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

構音障害とは

喉頭(声帯)でつくられた声の基が、舌や口蓋、唇などの声道の動きによって「あ」や「か」などの話し言葉に変わります。この声道の動きによって話し言葉となる過程を構音といい、舌や口蓋、唇などの声道のことを構音 …

ことばの正常発達

0歳児 生まれたての赤ちゃんは泣くことにより自分の欲求(おむつやごはんなど)を母親に伝えますが、2ヶ月ころになると声を出す器官が発達し、「アウアウ」といったクーイングという声がでてきます。これは機嫌の …

自閉症と自閉症スペクトラム

自閉症(autism) 自閉症とは、社会的なルールが苦手、コミュニケーションが苦手、興味にこだわりがある、の3つを主症状とした生まれつきの発達障害です。 自閉症のお子さんによくみられる行動としては、目 …

声帯溝症(せいたいこうしょう)

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。 この記事の …

歯科記事まとめ

歯科に関する記事をまとめました。新しい記事を投稿しましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆してい …