STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯白斑症

投稿日:

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。

原因

原因は、声の酷使や喫煙などの声帯への慢性的な刺激、飲酒が考えられます。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。

治療

治療は、手術的治療を行います。レーザーによる病変部の焼灼が一般的です。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

嚥下障害のリハビリテーション(直接訓練)

嚥下障害のリハビリテーションについて 摂食・嚥下障害に対するリハビリテーションには、嚥下器官へ刺激や運動を加えて間接的に嚥下を改善しようとする間接訓練(機能改善アプローチ)と姿勢や食物形態の調整、摂取 …

高次脳機能障害者の支援のポイント

記憶障害の症状と対応 予定や約束を忘れる。 同じことを何度も尋ねているのに気付かない。 片づけた場所を忘れて物をなくす。 人の名前、作業の手順が覚えられない。 予定や約束はメモし、目につくところに貼る …

集音器と補聴器の違い

集音器と補聴器の違いとは 世の中には聞こえを補助する機器として、「集音器」と「補聴器」があります。見た目も機能も似ている製品ですが、両者の違いは何でしょうか。 補聴器は管理医療機器、集音器は家電製品 …

構音の発達と仕組み

構音の発達 構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。 子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ …

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドについて 嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。 すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食か …



サイト内検索