STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

機能性発声障害(心因性失声症、音声衰弱症)

投稿日:

機能性発生障害とは声帯事態に特に問題が見られないのに発声機能の異常によって音声障害が発生する疾患の総称です。代表的なものとして心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害(別に項目を設けています)などがあります。

原因

心因性失声症では、精神的ショックが原因となるケースが多く、特に女性に多く見られます。音声衰弱症では、ストレスや心因が原因となることが考えられています。

症状

心因性失声症

突然、声が出なくなる、出せてもささやくような声になるというような症状が現れます。しかし、咳をするときには声帯の運動が確認できます。

音声衰弱症

最初はふつうに声が出せているが、徐々に弱々しくなってしまう症状です。

治療

精神的ショックや心因が原因の場合が多いので、精神的安定を図ることが第一となります。また治療では心理療法、音声訓練も取り入れていきます。しかし、心因が特定できない場合もあるため、むやみに心理的アプローチをしないように心掛けていきます。心因が除去されても症状が改善しないケースもあり、その場合は系統的に音声訓練を実施していくことで声を出せるようになることもあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

耳あな型?耳かけ型?補聴器の種類と選び方を説明

補聴器はポケット型や耳かけ型、耳あな型など様々な形状があり、また、機種ごとに聞こえ具合も違ってきます。ここでは、多くの種類の中からご自分に合う補聴器を探すコツをご説明します。 形状から選ぶ 補聴器は、 …

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

喉頭がん

喉頭に発生した悪性の腫瘍です。 喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「 …

注意欠陥/多動性障害

注意欠陥/多動性障害とは 注意欠陥/多動性障害(attention deficit / hyperactivity disorder:ADHD)とは、集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽいなどの …

外耳道レシーバー耳かけ型補聴器とは

外耳道レシーバー耳かけ型(RIC:Receiver in the canal)(※ 略してRIC補聴器)は、これまでになかった新しいタイプの耳かけ型補聴器です。 従来の耳かけ型は本体に全ての部品を配置 …