STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

機能性発声障害(心因性失声症、音声衰弱症)

投稿日:

機能性発生障害とは声帯事態に特に問題が見られないのに発声機能の異常によって音声障害が発生する疾患の総称です。代表的なものとして心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害(別に項目を設けています)などがあります。

原因

心因性失声症では、精神的ショックが原因となるケースが多く、特に女性に多く見られます。音声衰弱症では、ストレスや心因が原因となることが考えられています。

症状

心因性失声症

突然、声が出なくなる、出せてもささやくような声になるというような症状が現れます。しかし、咳をするときには声帯の運動が確認できます。

音声衰弱症

最初はふつうに声が出せているが、徐々に弱々しくなってしまう症状です。

治療

精神的ショックや心因が原因の場合が多いので、精神的安定を図ることが第一となります。また治療では心理療法、音声訓練も取り入れていきます。しかし、心因が特定できない場合もあるため、むやみに心理的アプローチをしないように心掛けていきます。心因が除去されても症状が改善しないケースもあり、その場合は系統的に音声訓練を実施していくことで声を出せるようになることもあります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

失語症まとめ

失語症に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆し …

運動障害性構音障害

運動障害性構音障害とは 脳の損傷や神経・筋疾患による構音器官の運動障害により、正しい構音ができない状態のことを運動性構音障害といいます。 原因 脳卒中や頭部外傷などの脳の損傷、パーキンソン病や筋萎縮性 …

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

高次脳機能障害の原因

主な原因 高次脳機能障害を呈する主な原因としては、60~70%を脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が占めます。次いで脳外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などの感染症があります。 こうした原因疾患へ …

脳神経とは

脳神経とは 脳神経とは、脳から出ている末梢神経のことで、頭部から顔面、頸部にかけての運動や感覚、自律神経を支配しています。ほとんどの中枢(神経核)は脳幹にあり、そこから左右12対の脳神経が発生していま …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。