STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

コラム 介護

真面目な小話:患者さんの「生活」を考えてみよう~その2~

投稿日:

~前回のあらすじ~
生活行為とは何を指すでしょうか?「入浴」「食事」「排泄」などといった言葉が思いつきます。ですが、生活行為とはそれだけでなく、その人が「してみたい」「興味のある」意思の関与する活動も指します。もし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら・・・私たちセラピストは何をするのでしょうか?
前回の記事を読む

もし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら、私たちセラピストは「リハビリテーション」をします。生活行為に支障をきたしている原因を評価し、予後予測・目標をたてたうえで、「生活行為」に当てたリハビリテーションを展開していきます。
ちなみに、生活行為の目標はセラピストと対象者との協業でうまれるとされています。セラピスト主導ではなく、セラピストと対象者がお互いに目標に向かってリハビリテーションをおこなっていくことが大切になります。

話は変わりますが、国の方針により、今後病院での入院時期が短くなります。そしてリハビリを介護保険下へ移そうとしています。また介護保険下のリハビリも、期限を決めて実施していくと予想されています。つまり病院→介護保険下の従来の「リハビリテーション」がずっと出来なくなっていきます。その時に必要になってくる考えがまさに「生活行為」なのです。

生活行為にあてたリハビリテーションを提供し、地域で生活出来るようにリハビリを卒業させていかなければならなくなります。今まで機能訓練を行っていればいいという考えが通じなくなります。

 

今担当している患者さん・利用者さんの病前の生活、把握していますか?生活にあてたリハビリを提供していますか?

一度、「生活」ってなんだろうと立ち止まり、リハビリテーションの意味を考え直し、自分たちが行っているプログラムを一緒に見直してみませんか?

この記事の投稿者

ながと
ながと
言語聴覚士。1年目から介護老人保健施設で働いています。介護保険分野ではSTの活動人口はまだまだ少ないです。回復期病院でのリハビリを経て、在宅で生活をしている方々と生活期STがどんな風に関わっているのか、介護保険領域で大切な事は機能訓練より・・・〇〇!?など奥が深い生活期の魅力を伝えていきます!
得意分野・・・発声発語領域、摂食・嚥下領域、介護保険全般、介護予防
ST勉強会(facebook)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-コラム, 介護
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ちょこっと小話番外編:吃音とラブソング

平成28年4月11日からフジテレビの月9ドラマ「ラブソング」に言語聴覚士や臨床心理士が登場してます。そしてヒロインは吃音でコミュニケーションがとれず悩んでいるという設定です。 このドラマが始まる前日( …

「ちょこっと小話:おもちゃでも金!金!金!」

私の職場では言語障害(主に失語症・構音障害)の方に対してST集団リハビリをしています。今回は集団リハビリ内で起こった話。 この記事の投稿者 ながと 言語聴覚士。1年目から介護老人保健施設で働いています …

ようこそ!介護保険の世界へ~要支援と要介護

※この話には「長津さん」という架空の人物が出てきます。介護保険の話では長津さんを例に進めていきます。 回復期病院(リハビリテーションを重点的に行う病院)を退院した長津さんという方がいました。さあ長津さ …

介護老人保健施設ってどんな場所? 現役言語聴覚士が教えます!

言語聴覚士(以下ST)の就職先で多いのは「急性期病院」「回復期病院」だと思います。成人分野では病院以外にも「介護老人保健施設」で働くSTもいます。私もそんな1人です。 介護老人保健施設。略して老健。ど …

真面目な小話:患者さんの「生活」を考えてみよう~その1~

「生活行為向上リハビリテーション加算」という加算があります。介護保険領域である通所リハビリテーションのみが算定する事が出来る加算です。なんと1カ月に2000単位!!通所リハの中で一番大きい加算です。 …