言語聴覚士リハビリテーション情報サイト:STナビ

更新情報

  • HOME »
  • 更新情報

喉頭がん

喉頭に発生した悪性の腫瘍です。 喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「声門上がん」「声門下 …

喉頭乳頭腫

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。 また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に難渋することの多い疾 …

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。

声帯肉芽腫(喉頭肉芽腫)

声帯の後ろの方や声帯突起部などにできる肉芽(炎症組織)のことです。片側性、両側性どちらの病変もあり、肉芽は良性腫瘍に分類されます。

声帯嚢胞(せいたいのうほう)

声帯に袋状の良性の腫瘍が生じた状態です。

喉頭炎

喉頭粘膜の炎症性症状です。風邪の症状として現れることが多い疾患です。鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、咽頭炎などを合併することもあります。

声帯溝症(せいたいこうしょう)

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。

ポリープ様声帯

両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。

声帯結節

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。

声帯ポリープ

声帯に炎症性の脹れができた状態です。ポリープの大きさはまちまちで、原則は声帯の片側にできますが、まれに両側にできる場合もあります。

« 1 2 3 23 »

-PR-

Twitter

  • twitter

告知


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © STナビ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.