STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

勉強・国家試験対策

言語聴覚士国家試験について

投稿日:2015年10月1日 更新日:

国家試験とは、言語聴覚士免許を取るために必要な言語聴覚士試験のことです。
年1回、毎年2月に行われ、問題数は基礎科目100問、専門科目100問の計200問。その6割以上の問題に正解することで合格できます。

問題の出題範囲は幅広く、基礎科目は医学における解剖学や脳神経学、心理学における認知・学習心理学、言語の基礎における言語学や音声学など、専門科目は総論における言語聴覚士の歴史や法律、障害学における失語症や高次脳機能障害、聴覚障害などが出題されます。

試験の実施は、厚生労働省が行い、試験に関わる事務は公益社団法人 医療研修推進財団が行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-勉強・国家試験対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

過去問の解き方&ノートの作り方

勉強をしていくうえで試験の過去問ほど役に立つ参考書はありません。しかし、過去問はただ漠然と目を通せばいいというわけではありません。ここでは正しい勉強法とノート作りについて説明していきます。 この記事の …

第2回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 言語聴覚障害学の歴史について正しいのはどれか。 我が国では1930年代に言語治療教室が設置された。 言語聴覚障害学はアメリカにおいて2世紀に近い歴史を有している。 ヨーロッパでは19世紀は …

第13回言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 インフォームドコンセントについて正しいのはどれか。 1. 混乱を避けるために他の治療法の説明はしない。 2. 患者のために医師が判断の主導権を握る。 3. 医師・患者間の問題なので言語聴覚 …

認知症のポイント

認知症についてポイントをまとめました。国家試験の勉強にご利用ください。 DSM-5 DSM-5(アメリカ精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)では、老化(老年変化)を主要な原因とする脳 …

第1回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 誤っている組み合せはどれか。 片麻痺 - 機能障害 運動失調症 - 能力障害 構音障害 - 機能障害 復職困難 - 社会的不利 歩行障害 - 能力障害 解答例<2>   …