STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

勉強・国家試験対策

言語聴覚士国家試験について

投稿日:2015年10月1日 更新日:

国家試験とは、言語聴覚士免許を取るために必要な言語聴覚士試験のことです。
年1回、毎年2月に行われ、問題数は基礎科目100問、専門科目100問の計200問。その6割以上の問題に正解することで合格できます。

問題の出題範囲は幅広く、基礎科目は医学における解剖学や脳神経学、心理学における認知・学習心理学、言語の基礎における言語学や音声学など、専門科目は総論における言語聴覚士の歴史や法律、障害学における失語症や高次脳機能障害、聴覚障害などが出題されます。

試験の実施は、厚生労働省が行い、試験に関わる事務は公益社団法人 医療研修推進財団が行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-勉強・国家試験対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

第10回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問正しいのはどれか。 脳性麻痺は痙直型、アテトーゼ型、失調型のいずれか一つに分類される. 知能低下は失認の直接的な原因となる。 伝音難聴では補充現象は生じない。 運動低下性構音障害では筋緊張は …

第9回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問誤っている組み合わせはどれか。 ターミナル・ケア  ーー  QOL ノーマライゼーション  ーー  バリアフリー インフォームドコンセント  ーー  患者の自己選択権 ICF  ーー  生活機能 …

認知症のポイント

認知症についてポイントをまとめました。国家試験の勉強にご利用ください。 DSM-5 DSM-5(アメリカ精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)では、老化(老年変化)を主要な原因とする脳 …

第1回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 発音の障害が主症状であるが原因は明らかにされておらず、ことばの習得期に問題化することが多いのはどれか。 機能性構音障害 言語発達遅滞 吃音 失語症 器質性構音障害 解答例<3> …

第15回言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 我が国における2009年の統計で、1970年代に比べて主要死因別にみた死亡(人口10万対)が減少しているのはどれか。 1. 心疾患 2. 肺炎 3. 脳血管障害 4. 自殺 5. 悪性新生 …