STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

勉強・国家試験対策

言語聴覚士国家試験勉強法まとめ

投稿日:

言語聴覚士国家試験対策・勉強方法に関する記事をまとめて掲載します。
個人の考え方が含まれておりますので、やり方の合う合わないは大いにあるかと思います。したがって、あくまで参考程度に見ていただければ幸いです。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-勉強・国家試験対策
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

第4回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問図は我が国の主要死因別に見た死亡率の年次推移を示す。脳血管疾患はどれか。 A B C D E 解答例 第2問生活習慣病で誤っているのはどれか。 喫煙による肺気腫 食塩過剰摂取による脳卒中 肥満に …

第2回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 言語聴覚障害学の歴史について正しいのはどれか。 我が国では1930年代に言語治療教室が設置された。 言語聴覚障害学はアメリカにおいて2世紀に近い歴史を有している。 ヨーロッパでは19世紀は …

言語聴覚士国家試験の出題範囲について

国家試験には、基礎科目100問、専門科目100問の計200問が出題されますが、その出題範囲は下記のようになります。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーシ …

第16回言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 脳卒中患者においてICF(国際生活機能分類)の参加制約に当てはまるのはどれか。 1. 片麻痺 2. 失語症 3. 構音障害 4. 歩行障害 5. 職場復帰困難 解答 第2問 ウィリス動脈輪を構 …

言語聴覚士国家試験勉強法

ここでは、国家試験の勉強方法について解説します。 国家試験の勉強方法は大きく分けて3つの柱となっています。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法 …