STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

「 国家試験 」 一覧

STナビが役立ち勉強法として「きらッコノート」に掲載されました。

2017/12/09   -コラム
 ,

介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」のケア業界でプロフェッショナルを目指す方へ!介護系の資格取得に役立つ学習方法まとめPart2にSTナビの過去問の解き方とノート作りが掲載されました!

嚥下障害のポイント

国家試験対策として摂食・嚥下障害のポイントをまとめました。参考になれば幸いです。

認知症のポイント

認知症についてポイントをまとめました。国家試験の勉強にご利用ください。 DSM-5 DSM-5(アメリカ精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)では、老化(老年変化)を主要な原因とする脳 …

第12回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 近年の我が国の自殺死亡者について正しいのはどれか。 1. 年々減少している。 2. 男性より女性が多い。 3. 高齢者より未成年者が多い。 4. 最も多い理由は家族問題である。 5. 交通 …

第12回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 正しいのはどれか。 1. 医療過誤とは、医療行為中に発生した事故のことをいう。 2. インシデンタルレポートとは、患者に実害があった場合の報告書である。 3. 医療過誤の責任は医療機関開設者に …

第11回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問脳神経を形成する鰓弓は何対あるか。 2対 4対 6対 10対 12対 解答例 第102問脳底動脈から分岐するのはどれか。 前大脳動脈 前交通動脈 中大脳動脈 上小脳動脈 眼動脈 解答例 第1 …

第11回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 正しいのはどれか。 コホート研究は後向き研究である。 コホート研究は追跡調査である。 コホート研究はまれな疾患を対象とする。 患者・対照研究は相対危険度を直接計算できる。 患者・対照研究は前向 …

第10回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問正しいのはどれか。 脳性麻痺は痙直型、アテトーゼ型、失調型のいずれか一つに分類される. 知能低下は失認の直接的な原因となる。 伝音難聴では補充現象は生じない。 運動低下性構音障害では筋緊張は …

第10回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問空気感染予防策が必要なのはどれか。 MRSA感染症 マイコプラズマ肺炎 麻疹 B型肝炎 インフルエンザ 解答 第2問健常人の頸椎の数はどれか。 4 5 6 7 8 解答 第3問筋と支配神経との組 …

第9回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問言語聴覚士国家試験合格者の累積数について最も近いのはどれか。 7000人 9000人 11000人 13000人 15000人 解答 第102問正しいのはどれか。 a. 獲得性吃音より発達性 …