STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

伝導失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

伝導失語

no-conduction

発話は流暢で抑揚や構音は正常ですが、音の誤りが多いことが特徴です。誤り音に対しては、自己修正を繰り返しながら正しい音に近づこうとする様子が見られますが、自己修正を繰り返すために、発話に間が多く、途切れがちになってしまいます。聴こえの理解は極めてよく、障害があってもごく軽度の範囲に収まっています。読む力は、読解は良好ですが、音読は障害されます。書く力は、漢字は良好ですが、かな文字は発話同様に音の誤りがみられます。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語
聴理解 良好~正常
復唱 障害あり
呼称 正常~障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 良好~正常
書字能力 障害あり
特徴的症状 喚語困難、音韻性錯語、接近行為
損傷部位 ウェルニッケ中枢とブローカ中枢をつなぐ弓状束、縁上回、皮質下白質など

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

no image

嚥下障害まとめ

嚥下障害に関する記事をまとめています。新しい記事を投稿しましたらこちらに随時追加していきます。

no image

聴覚障害まとめ

聴覚障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …

超皮質性混合失語

超皮質性混合失語とは 発話は非流暢で、自分からはほとんど話しません。しかし、質問するとそれをそのまま、あるいは一部を繰り返す反響言語(オウム返し)や文章の残りの部分を続ける補完現象がみられます。復唱は …

吃音者に「ゆっくり話して」は間違い?

吃音に対する一般的なアドバイスにある間違いとは? 吃音の子どもと話しをするときに多くの親御さんは、「ゆっくりでいいよ」「落ち着いてからでいいよ」「もう一度言ってごらん」など、話し方についてアドバイスし …