STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 失語症

超皮質性感覚失語

投稿日:2015年10月1日 更新日:

超皮質性感覚失語とは

no-tcsa

発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した言葉の意味は判別できません。また、相手の言葉をそのまま言う反響言語(オウム返し)が特徴的に見られます。読む力も同様で、音読できますが、意味は理解できない読解障害が起こります。書く力は仮名文字の書き取りは可能ですが、自発的な書き出しは障害されています。

特徴

言語機能 症状
会話時の発話 流暢、錯語、反響言語
聴理解 重度の障害あり
復唱 良好~きわめて良好
呼称 障害あり
読みの能力(音読) 障害あり
読みの能力(理解) 障害あり
書字能力 障害あり
特徴的症状 語性錯語、反響言語
損傷部位 ウェルニッケ領野周辺、左側頭-頭頂-後頭葉接合部領域

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 失語症
-

執筆者:

関連記事

no image

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドについて 嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。 すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食か …

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

no image

注意欠陥/多動性障害

注意欠陥/多動性障害とは 注意欠陥/多動性障害(attention deficit / hyperactivity disorder:ADHD)とは、集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽいなどの …

no image

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査)

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査) 嚥下障害を診断する検査には、嚥下障害の有無を簡便に評価するスクリーニングテストと嚥下障害の障害程度を評価する検査があります。 嚥下運動は外部から観察し …

no image

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。