STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

レーヴン色彩マトリックス検査(RCPM)

投稿日:

レーヴン色彩マトリックス検査(Raven’s Coloured progressive matrices:RCPM)は、視覚的課題の演繹的な推理能力を測定する検査として考案され、一般には知能検査として利用されています。

特徴

以下の3つの課題があります。

  • 5歳以上の児童と高齢者を対象としたRCPM
  • 概ね6歳以上を対象としたレーヴン標準漸進的マトリックス(SPM)
  • 概ね11歳以上の者や平均以上の成績を示す者を対象としたレーヴン高次漸進的マトリックス(APM)

日本では標準化された日本版RCPMが利用されています。
また本検査は、WAB失語症検査の下位検査にも含まれており、言語障害者や高次脳機能障害者の知的機能障害の有無を判定することも可能です。

言語を介さずに答えることができる非言語的な概念形成と意味づけの検査で、文化的背景に影響されにくく、被検者に負担をかけないで連続した視覚的パターン合わせと類似の問題によって関係と相関を抽出する推理能力を測定できます。

所要時間は10~15分です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)

遂行機能障害症候群の行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome:BADS)は、生態学的妥当性を意識した日常生活上の遂行機能に関する …

no image

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …

価格テスト

価格テスト(Prices Test)は、身近な物の現在の価格を質問することにより、逆向性健忘の程度を測定する検査です。 特徴 日本語版では以下のことに留意した上で、価格を質問する物品が選択されています …

時計描画検査(CDT)

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。 特徴 施行方法は、Command CD …