リハビリ・医療

高次脳機能障害者の支援のポイント

記憶障害の症状と対応 予定や約束を忘れる。 同じことを何度も尋ねているのに気付かない。 片づけた場所を忘れて物をなくす。 人の名前、作業の手順が覚えられない。 予定や約束は...
リハビリ・医療

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行います。 ...
リハビリ・医療

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、まずは、主治医や市役所、相談支援機関...
リハビリ・医療

高次脳機能障害の原因

主な原因 高次脳機能障害を呈する主な原因としては、60~70%を脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が占めます。次いで脳外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などの感染症があります。 こうした原因疾患への治療のなかで、意識が戻って...
リハビリ・医療

高次脳機能障害の主な症状

記憶障害 新しいことが覚えられない、過去のエピソードを忘れてしまう、大切な物をしまった場所を忘れてしまう、何度も同じことを聞いてしまう、などの記憶の障害です。 新しいことが覚えられない前向性健忘と発所前のことを思い出せない逆向性...
失語症

失語症者とのコミュニケーションの取り方

失語症患者の家族にとって、失語症患者とのコミュニケーションをとる方法を身に着けることは失語症患者を社会復帰させる代一歩として大切なことのひとつであると考えられています。 失語症のことを正しく理解し、適切なコミュニケーション方法...
失語症

失語症会話パートナー・失語症友の会

失語症者の会話パートナーと友の会について説明します。 会話パートナーとは 「失語症会話パートナー」とは、「失語症のことをよく知って、不自由なコミュニケーションを補いながら、一緒に会話をする人、周囲の人や地域社会との仲立ちをする人...
失語症

失語症者の職場復帰に向けて

職場の理解と協力 失語症のある方が職場復帰するには、職場の理解と協力が欠かせません。職場復帰に向けて3つの視点からみてみようと思います。 症状の正しい理解 失語症は知的能力や物事を考える力の低下ではなく、自分の言い...
失語症

失語症の評価とリハビリテーション

失語症の評価と診断、リハビリテーションについて説明していきます。 失語症の評価 失語症の評価には『診断』と『訓練のための評価』の2つの目的があります。 診断 失語症か否かの鑑別診断(運動性構音障害や高度脳機能障害...
失語症

失語症の特徴的な言語症状

失語症には様々な特徴的な言語症状が見られますが、一人の患者さんにすべての症状が出現するわけではありません。また、脳の損傷部位や重症度により、症状の出方も大きく変わってきます。ここでは、失語症のタイプや重症度にかかわりなく、症状の特徴を説明し...
タイトルとURLをコピーしました