失語症

失語症者とのコミュニケーションの取り方

失語症患者の家族にとって、失語症患者とのコミュニケーションをとる方法を身に着けることは失語症患者を社会復帰させる代一歩として大切なことのひとつであると考えられています。 失語症のことを正しく理解し、適切なコミュニケーション方法...
失語症

失語症会話パートナー・失語症友の会

失語症者の会話パートナーと友の会について説明します。 会話パートナーとは 「失語症会話パートナー」とは、「失語症のことをよく知って、不自由なコミュニケーションを補いながら、一緒に会話をする人、周囲の人や地域社会との仲立ちをする人...
失語症

失語症者の職場復帰に向けて

職場の理解と協力 失語症のある方が職場復帰するには、職場の理解と協力が欠かせません。職場復帰に向けて3つの視点からみてみようと思います。 症状の正しい理解 失語症は知的能力や物事を考える力の低下ではなく、自分の言い...
失語症

失語症の評価とリハビリテーション

評価 失語症の評価は、失語症の有無の判断と言語症状の把握、失語症のタイプと重症度の判定、運動性構音障害や高度脳機能障害などの合併症の鑑別、を目的で行います。そして、この評価に基づいて予後を推定し、訓練目標や治療計画を立案していきま...
失語症

失語症の特徴的な言語症状

失語症には様々な特徴的な言語症状が見られますが、一人の患者さんにすべての症状が出現するわけではありません。また、脳の損傷部位や重症度により、症状の出方も大きく変わってきます。ここでは、失語症のタイプや重症度にかかわりなく、症状の特徴を説明し...
失語症

失語症のタイプと損傷部位(ブローカ、ウェルニッケ)

失語症は損傷された部位により出現する症状に特徴があります。 ブローカ失語 ブローカ領野を中心とする左中心前回及び後回、島などの前方言語領域が損傷された場合に出現する失語症状です。 たどたどしく、遅く、流暢性...
失語症

失語症とは

失語症(aphasia)とは、脳の損傷により、自分の意図を言葉で表現することが出来ない、また、相手の言葉が聞こえてもそれを理解できないなどの「話す」、「聞く」、「書く」、「読む」、「計算する」の言語モダリティが障害を受けてしまう症状です...
勉強・国家試験対策

言語聴覚士国家試験について

国家試験とは、言語聴覚士免許を取るために必要な言語聴覚士試験のことです。年1回、毎年2月に行われ、問題数は基礎科目100問、専門科目100問の計200問。その6割以上の問題に正解することで合格できます。 問題の出題範囲は幅広く...
勉強・国家試験対策

過去問の解き方&ノートの作り方

勉強をしていくうえで試験の過去問ほど役に立つ参考書はありません。しかし、過去問はただ漠然と目を通せばいいというわけではありません。ここでは正しい勉強法とノート作りについて説明していきます。 正しい勉強方法を身に付ける 国家試験の...
勉強・国家試験対策

言語聴覚士国家試験勉強法

ここでは、国家試験の勉強方法について解説します。国家試験の勉強方法は大きく分けて3つの柱となっています。 過去問の解説作り まず、一番始めに取り掛かる勉強は、過去問を解きながらその解説を作る!という方法です。言語聴覚士の...
タイトルとURLをコピーしました