STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

音声振戦症

投稿日:

本態性振戦症という疾患の症状のひとつで、声の「ふるえ」が起こります。

※ 本態性振戦症とは、原因不明の身体に「ふるえ」が起こる疾患です。症状は「ふるえ」のみで、手や足、声など身体上に「ふるえ」がみられます。

症状

症状は、声帯や軟口蓋、舌などの声を出すために働く筋肉の全部または一部が、声を出すときに律動的にけいれんすることで、声がワンワンと揺れるように聞こえます。鏡に向かって「あー」と声を出した時に口蓋垂(のどちんこ)が、前後あるいは左右に踊るように揺れるときは、音声振戦の可能性があります。

ふるえは精神状態にも作用され、緊張した場面ではよりふるえが起こりやすいようです。

治療

治療は薬物療法になります。薬を内服して筋肉のふるえを抑えながら、音声治療で発声時の呼吸を整える練習をすると改善していきます。この疾患は完治することがなく、薬の内服を止めるとふるえが再発します。したがって、継続して薬を内服することが大事になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

脳性まひ

脳性麻痺とは、脳の損傷によって起こる中枢性の姿勢・運動の障害であり、原因や症状が重なりあい、ひとつの症候群模様を示します。 定義 日本では、「受胎から新生児(生後4週以内)までの間に生じた、脳の非進行 …

no image

脳・神経に関する記事まとめ

脳や神経に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。

no image

吃音の原因

吃音の原因 吃音の原因には、いままで様々な仮説がありました。「母親の子育てが悪い」「左利きを右手に矯正したから」「声帯、横隔膜のけいれんが原因」などなど、たくさんの仮説が立てられましたが、いまだにはっ …

no image

吃音の進展段階

吃音の症状の進展 吃音には、症状が進展する特徴を持っています。 症状の進展具合を「進展段階」といい、4つの層あります。4つの層は第1層から始まり、第4層に進むにつれ、吃音の症状は重症化していきます。 …

no image

脳神経とは

脳神経とは 脳神経とは、脳から出ている末梢神経のことで、頭部から顔面、頸部にかけての運動や感覚、自律神経を支配しています。ほとんどの中枢(神経核)は脳幹にあり、そこから左右12対の脳神経が発生していま …