構音障害

構音障害

構音の仕組みと構音障害の種類について

構音の発達や仕組み、異常などを説明します。 構音の仕組み ことばを発するのに用いられる器官(舌や上顎、唇など)のことを構音器官といいます。ことばとは、この構音器官の動き・位置により作られていきます。 例...
構音障害

器質性構音障害の特徴と治療

器質性構音障害とは、言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。 原因 器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なものでは口腔や咽頭、舌の...
構音障害

運動障害性構音障害の特徴と訓練

運動障害性構音障害とは、脳の損傷や神経・筋疾患による構音器官の運動障害により、正しい構音ができない状態のことを運動性構音障害といいます。 原因 脳卒中や頭部外傷などの脳の損傷、パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症、脳性麻痺...
構音障害

機能性構音障害の特徴とリハビリ

機能性構音障害とは、耳の聞こえに問題がなく、言葉を発するために必要な器官(唇や舌など)に異常がないにも関わらず、正しい構音ができない状態のことを機能性構音障害といいます。 原因 原因はいまだ解明されていませんが、以下...
タイトルとURLをコピーしました