視空間認知機能検査

スポンサーリンク
高次脳機能障害

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握できるように開発された成人用テストバッテリー...
高次脳機能障害

レーヴン色彩マトリックス検査(RCPM)

レーヴン色彩マトリックス検査(Raven's Coloured progressive matrices:RCPM)は、視覚的課題の演繹的な推理能力を測定する検査として考案され、一般には知能検査として利用されています。 特徴 以下の...
高次脳機能障害

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言語障害者などの非言語的知能の評価として...
高次脳機能障害

時計描画検査(CDT)

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。 特徴 施行方法は、Command CDTがA4サイズの白紙に「11時1...
スポンサーリンク