STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

福祉機器・アプリ

ICTとは

投稿日:

ICT(Information and Communication Technology)とは、情報通信技術の総称です。従来から使われていたIT(Information Technology)の概念をさらに一歩進め、情報技術に通信コミュニケーションの重要性を加味した言葉です。

ICTとITはほぼ同義語ですが、情報通信技術のコミュニケーション性を強調していて、ネットワーク通信による情報・知識の共有を念頭に置いた表現となっています。国際的にICTが定着していることなどから、日本でも近年ICTがITに代わる言葉として広まりつつあります。

医療・福祉の分野にもICTの活用が広まりつつあります。例えば、本読みが苦手な子に自動読み上げアプリを使ったり、時間の見通しが持てない子にタイマーアプリを使ったり、言葉が出ない子に音声付50音表アプリや音声付イラストアプリを使ったり、聞こえない人に筆談アプリや音声認識アプリを使ったり、目が見づらい人に拡大・色反転アプリを使ったり・・・ICTを活用することで多くの方が生活しやすくなります。

ICTの支援については、官公庁や自治体、民間企業で在り方を報告をしています。
大変参考になりますので、是非読むことをお勧めします。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-福祉機器・アプリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

災害リハの必需品!防災保護帽「アボネット」

災害リハや被災地支援に必須といえるヘルメット。しかし、ヘルメットは頭部保護には良いですが、持ち運びには若干の不便さを感じます。その問題を解消すべく保護帽の未来を切り開いた商品があるようです。その名も「 …

【シルタンちゃん】聴覚障害者向け住宅用火災警報器

シルタンちゃんとは 聴覚障害のある方の場合は、警報だけでは、火災を察知できない場合あります。火災警報器「シルタンちゃん」は、煙を感知すると警報で火災を知らせるとともに、内蔵した無線送信機が電波を送信し …

AAC(拡大・代替コミュニケーション)とは

AAC(Augmentative and Alternative Communication;拡大代替コミュニケーション)とは、話すこと・聞くこと・読むこと・書くことなどのコミュニケーションに障害のあ …

【代理電話】プラスヴォイスの電話リレーサービス

代理電話とは 聴覚や言語に障害がある方が電話をかけるとき、本人の代わりにオペレーターが電話をかけて、《本人→オペレーター→相手》の順にリレー形式で内容を伝えるサービスです。 今回は株式会社 プラスヴォ …

【手書き電話UD】筆談による電話アプリ

手書き電話UDとは インターネットを使って離れた相手とリアルタイムに手書きでコミュニケーションをとることができるオンラインの手書きチャットアプリです。聴覚障害のある方が通訳等を介さずにコミュニケーショ …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。