STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 構音障害

構音障害とは

投稿日:

喉頭(声帯)でつくられた声の基が、舌や口蓋、唇などの声道の動きによって「あ」や「か」などの話し言葉に変わります。この声道の動きによって話し言葉となる過程を構音といい、舌や口蓋、唇などの声道のことを構音器官といいます。

構音障害とは、この構音器官の動きがある程度誤って固定化してしまい、正しい発音ができない状態をいいます。

構音障害の分類

構音障害は、原因となる症状により3つの種類に分けられます。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 構音障害

執筆者:

関連記事

学習障害

学習障害(Learning Disabilities:LD)とは、日本では、文部省の平成11年「学習障害児に対する指導について(報告)」により以下のように定義さています。 「基本的には全般的な知的発達 …

加齢に伴う声帯萎縮

加齢により声帯の筋肉が委縮した状態です。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 …

ウェルニッケ失語

ウェルニッケ失語とは 滑らかで流暢ですが、中身がなく作ったような発話が特徴で、発話量は正常並みからそれ以上にあります。言葉の誤りがひどく、言おうとしている言葉が何か判別できないほどに変化してしまうこと …

嚥下障害にかかわる検査(VF、VE)

嚥下障害にかかわる検査のなかで特に嚥下造影検査(VF)と嚥下内視鏡検査(VE)の説明をします。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイ …

外耳の疾患

外耳とは 耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。 外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 耳介奇形 生まれつきの耳介の …


ランキング参加中
ワンクリックが励みになります!応援お願いします。。(〃_ _)σ∥

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ