STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

標準注意検査法・標準意欲評価法(CATS)

投稿日:

標準注意検査法・標準意欲評価法(Clinical Assessment for Attention and Spontaneity:CATS)は、日本高次脳機能障害学会Brain FunctionTest委員会により、成人の脳損傷者にしばしば認められる注意の障害や意欲・自発性の低下を臨床的かつ定量的に評価することを目的に開発された検査です。

標準注意検査法(CAT)

CATは7つの下位検査で構成されています。

  1. Span(数唱と視覚性スパン)
  2. 抹消・検出検査(視覚性抹消課題と聴覚性検出課題)
  3. Symbol Digit Modalities Test
  4. 記憶更新検査
  5. Paced Auditory Serial Addition Test
  6. 上中下検査
  7. Continuous Performance Test

標準意欲評価法(CAS)

CASは5つの評価項目で構成されています。

  1. 面接による意欲評価スケール
  2. 質問紙による意欲評価スケール
  3. 日常生活行動の意欲評価スケール
  4. 自由時間の日常行動観察
  5. 臨床的総合評価
  6. 評価方法

    検査結果のプロフィールソフトは日本高次脳機能障害学会ホームページより無料でダウンロードすることができます。

    この記事の投稿者

    宮崎 関大
    宮崎 関大
    言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …

エディンバラ利き手検査

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。 人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左 …

高次脳機能障害の主な症状

記憶障害 新しいことが覚えられない、過去のエピソードを忘れてしまう、大切な物をしまった場所を忘れてしまう、何度も同じことを聞いてしまう、などの記憶の障害です。 新しいことが覚えられない前向性健忘と発所 …

リバーミード行動記憶検査(RBMT)

リバーミード行動記憶検査(Rivermead Bahavioural Memory Test:RBMT)は、日常記憶の障害を検出し、さらに記憶障害に対する治療による変化を調べることができる検査です。 …

高次脳機能障害の原因

主な原因 高次脳機能障害を呈する主な原因としては、60~70%を脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が占めます。次いで脳外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などの感染症があります。 こうした原因疾患へ …