STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

標準注意検査法・標準意欲評価法(CATS)

投稿日:

標準注意検査法・標準意欲評価法(Clinical Assessment for Attention and Spontaneity:CATS)は、日本高次脳機能障害学会Brain FunctionTest委員会により、成人の脳損傷者にしばしば認められる注意の障害や意欲・自発性の低下を臨床的かつ定量的に評価することを目的に開発された検査です。

標準注意検査法(CAT)

CATは7つの下位検査で構成されています。

  1. Span(数唱と視覚性スパン)
  2. 抹消・検出検査(視覚性抹消課題と聴覚性検出課題)
  3. Symbol Digit Modalities Test
  4. 記憶更新検査
  5. Paced Auditory Serial Addition Test
  6. 上中下検査
  7. Continuous Performance Test

標準意欲評価法(CAS)

CASは5つの評価項目で構成されています。

  1. 面接による意欲評価スケール
  2. 質問紙による意欲評価スケール
  3. 日常生活行動の意欲評価スケール
  4. 自由時間の日常行動観察
  5. 臨床的総合評価
  6. 評価方法

    検査結果のプロフィールソフトは日本高次脳機能障害学会ホームページより無料でダウンロードすることができます。

    この記事の投稿者

    宮崎 関大
    宮崎 関大
    言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。 図形の記憶や再生などを調べる検 …

レイ複雑図形検査(ROCFT)

レイ複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure Test:ROCFT)は、高次脳機能障害者の視空間認知再構成機能や視覚記憶機能の簡易な評価法として使用されています。 複雑 …

自伝的記憶検査(ABMT)

自伝的記憶検査(Autobiographical Memory Test:ABMT)は、逆向性記憶に関する評価を行う検査です。 日本語版では、自叙伝的記憶検査や慶應版自伝的記憶検査が公開されています。 …