STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

DN-CAS認知評価システム

投稿日:

DN-CAS認知評価システム(Das-Naglieri Cognitive Assessment System:DN-CAS)は、PASS理論に基づくプランニング、注意、同時処理、継次処理の4つの認知機能を測定するCognitive Assessment Systemが開発され、日本で標準化がなされた検査です。

特徴

  1. かな文字と数字がわかることを条件として、学習に遅れがある子どもでも知能水準の実態を適切に把握することができる
  2. プロフィールの特徴からLDとAD/HDの識別が可能である
  3. K-ABCが測定している同時処理・継次処理に加えてプランニング・注意の4つの認知処理過程を測定可能である
  4. 適用年齢が5~17歳と幅広い年齢で実施することができるため、再検査を実施することで認知機能の特徴や変化をみたり、長期的な予後を調べたりすることが可能である

適用年齢

5~17歳

標準検査時間

60分

用語

PASS理論

Planning(プランニング)-Attention(注意)-Simultaneous(同時処理)-Successive(継次処理) theory(PASS理論)
基礎理論は、Luriaの脳の構造と機能面に関する知見に基づいており、3つの機能的単位と関連付けられる。

  • 第1の機能的単位である脳幹、間脳、腹側は注意と関連付けられる。
  • 第2の機能的単位である後頭葉、頭頂葉、側頭葉は同時処理及び継次処理と関連付けられる。
  • 第3の機能的単位である前頭葉、特に前頭前野はプランニングと関連付けられる。

プランニング

個人が問題解決の方法を決定し、選択し、適用し、評価する心的過程

注意

個人が一定時間提示された競合する刺激に対する反応を抑制する一方で、特定の刺激に対して選択的に注意を向ける心的過程

同時処理

個人が分割された刺激を単一のまとまりやグループにまとめる心的過程

継次処理

個人が特定の系列的順序で、鎖のような形態で刺激を統合する心的過程

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

エディンバラ利き手検査

利き手を知ることは、大脳の言語野の優位半球と劣位半球の推定に役立ちます。 人類の約90%が右手利きであり、左半球が言語野のある優位半球となります。右手利きの人の5%は右半球に言語野のあります。また、左 …

高次脳機能障害の主な症状

記憶障害 新しいことが覚えられない、過去のエピソードを忘れてしまう、大切な物をしまった場所を忘れてしまう、何度も同じことを聞いてしまう、などの記憶の障害です。 新しいことが覚えられない前向性健忘と発所 …

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイン …

高次脳機能障害の診断基準

高次脳機能障害の診断方法 高次脳機能障害の診断は、画像による検査、神経心理学的検査、問診や行動観察を行い、総合的に判断します。 画像による検査 頭部のMRI、CTや脳波の検査、脳血流の検査などを行いま …

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …