STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯溝症(せいたいこうしょう)

投稿日:

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。

原因

原因は、長期による炎症の残遺、加齢による声帯の変化、生まれつきのものがあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)と息漏れです。また、大きな声が出せない、話すことが辛いなどの訴えもみられます。声門閉鎖不全により「息こらえ」ができなくなるため、力が入れにくくなり、スポーツや荷物の運搬などに支障が生じることもあります。

治療

治療は、声門閉鎖不全の改善に焦点を当てていきます。

保存的治療としては、音声訓練を行います。プッシング法という手技を行います。

手術的治療としては、声帯内注入術、喉頭形成手術、声帯再生手術などを選択していきます。また、術後は正しい発声方法を獲得するために音声訓練を行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

変声障害(思春期声変わり障害)

男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメ …

ブローカ失語

ブローカ失語とは たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保 …

超皮質性運動失語の症状と特徴

この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 2018.09.18高次脳機能障害遂行機能 …

運動障害性構音障害

運動障害性構音障害とは 脳の損傷や神経・筋疾患による構音器官の運動障害により、正しい構音ができない状態のことを運動性構音障害といいます。 原因 脳卒中や頭部外傷などの脳の損傷、パーキンソン病や筋萎縮性 …

脳の機能と構造

脳の機能と構造 脳とは、運動・知覚などの情報伝達の最上位中枢器官であり、また、感情・情緒・理性などの精神活動においても重要な役割を果たしています。 脳は大きく分けて、大脳(終脳)、間脳、小脳、脳幹の4 …