STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯溝症(せいたいこうしょう)

投稿日:

声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。

原因

原因は、長期による炎症の残遺、加齢による声帯の変化、生まれつきのものがあります。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)と息漏れです。また、大きな声が出せない、話すことが辛いなどの訴えもみられます。声門閉鎖不全により「息こらえ」ができなくなるため、力が入れにくくなり、スポーツや荷物の運搬などに支障が生じることもあります。

治療

治療は、声門閉鎖不全の改善に焦点を当てていきます。

保存的治療としては、音声訓練を行います。プッシング法という手技を行います。

手術的治療としては、声帯内注入術、喉頭形成手術、声帯再生手術などを選択していきます。また、術後は正しい発声方法を獲得するために音声訓練を行います。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

超皮質性感覚失語

超皮質性感覚失語とは 発話は流暢ですが、語性錯語が多く、空虚で情報の伝わりにくい発話となります。聴こえの理解は著しく障害されます。音の識別は可能で、復唱は良好にできますが、理解を伴っておらず、復唱した …

言語発達障害とは

言語発達障害とは 言語発達障害とは、正常発達に比べてことばの数が少ない、長文を構成できない、話し言葉を理解できない、助詞が理解できない、発音がはっきりしないなどの言語習得の遅れた状態を指します。 発達 …

機能性構音障害

機能性構音障害とは 耳の聞こえに問題がなく、言葉を発するために必要な器官(唇や舌など)に異常がないにも関わらず、正しい構音ができない状態のことを機能性構音障害といいます。 原因 原因はいまだ解明されて …

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …

難聴の種類と聞こえの程度について

難聴とは、音が全く聞こえない、または、音が聞き取りにくい状態のことを指します。原因により生まれつき聞こえない方や途中から聞こえなくなった方、加齢により聞こえにくくなった方など様々です。また、疾患によっ …