STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

補聴器メーカーまとめ

投稿日:

補聴器メーカーをまとめました。

リオネット

rionet_logo

リオネットは東京都の国分寺に本社を置く医療機器と環境機器のメーカーであるリオン株式会社の補聴器部門です。日本製で初めて補聴器を販売した会社(リオンの前身である小林理研製作所)としても有名です。「リオンはすべての行動を通して人へ社会へ世界へ貢献する」を企業理念として掲げています。

リオネットホームページ

Panasonic(パナソニック)

panasonic_logo

Panasonic(パナソニック)は、大阪府真市に本社を置く日本を代表する電機メーカーおよび日本最大の総合家電メーカーです。一般家庭向けの家電だけではなく、ヘルスケアとして多くの医療機器を製造しています。補聴器に関しても様々なタイプが販売されていますが、中でもイヤホンで聞くタイプのポケット型が人気です。

Panasonicホームページ

bernafon(バーナフォン)

bernafon_logo

bernafon(バーナフォン)は、スイスの補聴器専門メーカーです。全世界に13ヶ国に子会社を持ち、1996年には日本法人として「バーナフォン株式会社」が設立されました。このbernafonとは「ベルンの聞こえ」という意味です。

bernafonホームページ

GN ReSound(ジーエヌリサウンド)

resound_logo

GN Store Nordグループ企業の一つで、世界で4位の供給台数を誇る補聴器メーカーです。デンマークに本社を置き、アメリカとデンマークに研究開発センターを構えています。

GN ReSoundホームページ

oticon(オーティコン)

oticon_logo

デンマークに本社を置く補聴器専門メーカーで、日本をはじめとする世界100カ国以上で愛用されています。「障害者である前に、まず人として(ピープル・ファースト)」を企業理念として掲げています。

oticonホームページ

コルチトーン

cortiton_logo

コルチトーン(コルチトーン補聴器株式会社)は、東京都の文京区に本社を置く日本の補聴器メーカーです。国産初のオーダーメイド補聴器(カナルイヤー)やCIC型補聴器の販売でも知られています。

コルチトーンホームページ

Siemens(シーメンス)

siemens_logo

シーメンスグループは、ドイツを本社として世界に190カ国拠点を持ち、情報通信機器や医療機器などを取り扱う総合メーカーです。MRIやCTといった医療機器を手掛けており、補聴器は世界110カ国で愛用されています。

シーメンスホームページ

WIDEX(ワイデックス)

widex_logo

福祉の先進国、デンマークに本社を置く補聴器専門メーカーです。ワイデックス独自の技術「IPS(総合信号処理)テクノロジー」により快適な聞こえを提供しています。

WIDEXホームページ

Starkey(スターキー)

starkey_logo

Starkey(スターキー)は、アメリカ合衆国のミネソタ州に本社を置く補聴器専門メーカーです。1992年に日本法人として「スターキージャパン株式会社」が設立され、1999年にはデジタルオーダーメイド補聴器の販売を開始しています。スターキージャパンでは、IIC型の外側から見えない補聴器(オトレンズ)を販売していてます。

Starkeyホームページ

NJH(ニュージャパンヒアリングエイド)

njh_logo

NJH(ニュージャパンヒアリングエイド)は、カナダのメーカー「unitron(ユニトロン)」やアメリカのメーカー「Beltone(ベルトーン)」の補聴器を、日本の代理店として販売している会社です。

NJHホームページ

Phonak(フォナック)

phonak_logo

スイスに本社を置く補聴器専門メーカーです。全世界で100ヶ国以上利用されているデジタル補聴器ブランドで、ワイヤレス通信機器に特化した専門技術を研究しています。

Phonakホームページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マスクが聴覚障害者とのコミュニケーションの妨げになると知っていますか?

花粉症対策やインフルエンザ予防にマスクをする人が多くなるこの季節ですが、マスク1枚隔てるだけで聴覚障害者にとっては大幅にコミュニケーションが取りづらくなってしまうことを知っていますか? 聴覚障害者のな …

no image

難聴を疑うべきサイン

高齢者の難聴は、本人の自覚なく進行し、ご家族から指摘されて気づく場合も少なくありません。「難聴かも?」と感じた場合に疑うべきサインを説明します。

脳波を利用した聴力検査

脳波を利用した聴力検査とは 純音聴力検査や語音聴力検査、幼児聴力検査は、「きこえ」を調べるにあたって、検査を受ける本人に「きこえる」「きこえない」を応答してもらう自覚的聴力検査と言います。しかし、この …

難聴の種類と聞こえの程度について

難聴とは、音が全く聞こえない、または、音が聞き取りにくい状態のことを指します。原因により生まれつき聞こえない方や途中から聞こえなくなった方、加齢により聞こえにくくなった方など様々です。また、疾患によっ …

新生児聴覚スクリーニングについて

全世界で1000人の赤ちゃんのうち、1~2人の赤ちゃんが両耳に難聴を持って生れてきます。赤ちゃんの難聴は、ことばの発達やコミュニケーションなどに大きな影響を与える場合があります。そのため、近年、産科で …