STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 言語発達障害

特異的言語発達障害

投稿日:2015年10月12日 更新日:

特異的言語発達障害とは

言語発達に関わる要因としての聴覚障害、知的障害、対人関係障害(広汎性発達障害)、脳の器質的障害、発声発語器官の障害、環境の問題などに原因がないにもかかわらず、言語発達が特異的に遅れてしまう障害です。

言語の表出面(話し言葉)が特異的に遅れてしまう表出性言語障害と言語の理解と表出がともに遅れる受容・表出混合性言語障害の2つのタイプがあります。

原因ははっきりしていません。

言語発達の特徴

  • 言語表出の発達は初期には遅れており、ジェスチャーなどを使用します。だが、就学前までにはことばを使ったコミュニケーションは支障がなくなることが多い。
  • 言語表出は稚拙で、単語や2,3語文の発話が多く、助詞の欠落したまとまりのない会話が多い。
  • ことばの数が少なく、ことばが浮かばないことなどの問題を指摘される多い。
  • 単音ならしっかり発音できるが、単語や文になると発音の誤りが出現しすることがある。
  • 文脈における意味理解が困難で、的外れな応答をしたり、会話が自己中心的になったりする。

こうした問題が就学以後の読み書きやより高次の学習言語の習得に問題を引き起こす原因になることが多くあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 言語発達障害

執筆者:

関連記事

no image

耳あな型?耳かけ型?補聴器の種類と選び方を説明

補聴器はポケット型や耳かけ型、耳あな型など様々な形状があり、また、機種ごとに聞こえ具合も違ってきます。ここでは、多くの種類の中からご自分に合う補聴器を探すコツをご説明します。 形状から選ぶ 補聴器は、 …

no image

吃音の治療・訓練

吃音の治療について 吃音はいまだに根本的な原因が不明なため、すべての吃音者に対して有効な方法は存在しません。ですが、吃音者によっては、一定の効果が出る治療法も存在することは確かです。 治療法には多くの …

補聴器のタイプと上手な使い方

補聴器とは、「マイクロホン」で周囲の音を集めて、「アンプ」で音を増幅し、「レシーバー(スピーカー)」で音を発声される機器のことです。つまり、入ってきた音を大きくして耳に伝える機器です。 ひと昔前の補聴 …

no image

食べやすい食品と食べにくい食品

食べやすい食品と食べにくい食品 嚥下障害者には、食べやすい食品と食べにくい食品があります。 食べやすい食品とは、「口の中で拡がらず、くっつかずにひと塊りで飲み込める食品」です。逆に口の中でバラバラにな …

no image

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …