STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 構音障害

器質性構音障害

投稿日:2015年10月1日 更新日:

器質性構音障害とは

言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。

原因

器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なものでは口腔や咽頭、舌のがん切除後の変形があげられます。

口唇(顎)口蓋裂は、胎生期に唇や上顎をつくる部分がくっつかず、裂けた状態で生まれてくる先天的な疾患で、日本では500人に1人の割合で生まれてきます。
唇だけが裂けている場合を口唇裂、口の中(上顎)だけが裂けている場合を口蓋裂、どちらとも裂けている場合を口唇(顎)口蓋裂といいます。

koushin1 koushin2 koushin3
片側不完全 片側完全 両側完全

治療

治療は状態にもよって異なりますが、哺乳の問題、唇や鼻の形態・顎の発育や噛み合わせの問題、発音の問題、中耳炎などの耳の病気の問題、心理的な問題など多岐に渡ります。そのため、口腔外科医や整形外科医、小児科医、耳鼻咽喉科医、歯科医、言語聴覚士などのチームアプローチが行われ、適切な時期に適切な手術や訓練を行うことが可能となっています。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 構音障害
-

執筆者:

関連記事

ブローカ失語

ブローカ失語とは たどたどしく、遅く、流暢性に欠けた発話が特徴で、発話量自体も少ない傾向にあります。助詞の脱落した話し方がみられることが多いです。聴こえの理解力は比較的保たれています。読む力も比較的保 …

構音の発達と仕組み

構音の発達 構音の発達には順序があり、母音の完成が早く、3歳ほどで実用的なレベルになります。 子音は音によって習得に差があり、「ぱ、ば、た、だ、か、が、わ、は、ま、な」は早く習得し、「さ、ざ、ら、ちゃ …

補聴器の福祉制度の利用

総合支援法による補装具費支給制度 障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。 聴覚障害の等級や障害の状況により支 …

声帯白斑症

声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケー …

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドについて 嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。 すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食か …