STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 構音障害

器質性構音障害

投稿日:2015年10月1日 更新日:

器質性構音障害とは

言葉を発音する器官に異常があり、正しい構音ができない状態のことを器質性構音障害と呼びます。

原因

器質性構音障害の原因の代表的なものは先天的なものでは口唇(顎)口蓋裂、後天的なものでは口腔や咽頭、舌のがん切除後の変形があげられます。

口唇(顎)口蓋裂は、胎生期に唇や上顎をつくる部分がくっつかず、裂けた状態で生まれてくる先天的な疾患で、日本では500人に1人の割合で生まれてきます。
唇だけが裂けている場合を口唇裂、口の中(上顎)だけが裂けている場合を口蓋裂、どちらとも裂けている場合を口唇(顎)口蓋裂といいます。

koushin1 koushin2 koushin3
片側不完全 片側完全 両側完全

治療

治療は状態にもよって異なりますが、哺乳の問題、唇や鼻の形態・顎の発育や噛み合わせの問題、発音の問題、中耳炎などの耳の病気の問題、心理的な問題など多岐に渡ります。そのため、口腔外科医や整形外科医、小児科医、耳鼻咽喉科医、歯科医、言語聴覚士などのチームアプローチが行われ、適切な時期に適切な手術や訓練を行うことが可能となっています。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 構音障害
-

執筆者:

関連記事

言語発達障害に関する記事まとめ

言語発達障害やことばの遅れに関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法に …

失語症の評価とリハビリテーション

この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。 投稿者の最新の記事 記事一覧 2018.09.18高次脳機能障害遂行機能 …

脳性まひ

脳性麻痺とは、脳の損傷によって起こる中枢性の姿勢・運動の障害であり、原因や症状が重なりあい、ひとつの症候群模様を示します。 定義 日本では、「受胎から新生児(生後4週以内)までの間に生じた、脳の非進行 …

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …