STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯結節

投稿日:

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。少し空気が漏れる感じの声で、やや硬い声質になります。

原因

原因は、声帯への慢性的な機械的刺激です。声を過度に使う職業の方に多く、歌手、教師、声楽家に生じやすいです。また、小児の男児にも多くみられ、スポーツでの掛け声や声援が原因と考えられます。

治療

治療は、声帯ポリープと同様の方法で行います。

基本は声の衛生管理です。保存治療では、消炎剤の投与、手術治療では結節の除去になります。

しかし、結節の場合は、悪性にはならないので、手術で無理に除去せずとも人体への支障はありません。声の衛生管理により、小さな結節ならば、声を使わない期間を設けることで自然と消失します。また、小児の場合は、声変わりを契機に消失することが多いようです。職業に大いに関係する疾患のため、手術により除去するのではなく、声の衛生管理を通して正しい声の出し方を学び、自然と消失させたほうが体への負担も少なく、再発防止にもつながります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

骨導補聴器

骨導とは 私たちが普段、音を聞くときには、耳から音が入り、鼓膜を経由し、内耳、聴神経とつながっていきます。これを気導聴力と言います。この他に音を聞く経路にはもうひとつあり、耳や鼓膜を通らずに、頭蓋骨に …

失語症の特徴的な言語症状

失語症には様々な特徴的な言語症状が見られますが、一人の患者さんにすべての症状が出現するわけではありません。また、脳の損傷部位や重症度により、症状の出方も大きく変わってきます。ここでは、失語症のタイプや …

学習障害

学習障害(Learning Disabilities:LD)とは、日本では、文部省の平成11年「学習障害児に対する指導について(報告)」により以下のように定義さています。 「基本的には全般的な知的発達 …

全失語

全失語とは 「聞く、話す、読む、書く」のあらゆる言語機能が全廃してしまう状態になります。発話はほとんどなく、あっても無意味な言葉の繰り返しになります。最も症状の重い失語症です。 特徴 言語機能 症状 …

摂食障害(拒食症と過食症)

摂食障害(拒食症と過食症) 神経性食欲不振症(拒食症)、神経性過食欲症(過食症)、特定不能の摂食障害は、食行動の異常に基づく原因不明の難治性の疾患です。 神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症と …