STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

声帯結節

投稿日:

声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。少し空気が漏れる感じの声で、やや硬い声質になります。

原因

原因は、声帯への慢性的な機械的刺激です。声を過度に使う職業の方に多く、歌手、教師、声楽家に生じやすいです。また、小児の男児にも多くみられ、スポーツでの掛け声や声援が原因と考えられます。

治療

治療は、声帯ポリープと同様の方法で行います。

基本は声の衛生管理です。保存治療では、消炎剤の投与、手術治療では結節の除去になります。

しかし、結節の場合は、悪性にはならないので、手術で無理に除去せずとも人体への支障はありません。声の衛生管理により、小さな結節ならば、声を使わない期間を設けることで自然と消失します。また、小児の場合は、声変わりを契機に消失することが多いようです。職業に大いに関係する疾患のため、手術により除去するのではなく、声の衛生管理を通して正しい声の出し方を学び、自然と消失させたほうが体への負担も少なく、再発防止にもつながります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

嚥下障害にかかわる検査(VF、VE)

嚥下障害にかかわる検査のなかで特に嚥下造影検査(VF)と嚥下内視鏡検査(VE)の説明をします。 この記事の投稿者 宮崎 関大 言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメイ …

吃音の進展段階

吃音の症状の進展 吃音には、症状が進展する特徴を持っています。 症状の進展具合を「進展段階」といい、4つの層あります。4つの層は第1層から始まり、第4層に進むにつれ、吃音の症状は重症化していきます。 …

機能性構音障害

機能性構音障害とは 耳の聞こえに問題がなく、言葉を発するために必要な器官(唇や舌など)に異常がないにも関わらず、正しい構音ができない状態のことを機能性構音障害といいます。 原因 原因はいまだ解明されて …

音声振戦症

本態性振戦症という疾患の症状のひとつで、声の「ふるえ」が起こります。 ※ 本態性振戦症とは、原因不明の身体に「ふるえ」が起こる疾患です。症状は「ふるえ」のみで、手や足、声など身体上に「ふるえ」がみられ …

とろみの必要性について

とろみの必要性について 口から食べる機能が障害されると、一般的に水分やお茶、味噌汁のようなものが上手に飲めなくなります。水のようにサラサラした粘度の低い液体は、動きが速く、口の中で広がりやすいため、誤 …