声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。

-スポンサードリンク-

症状

主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。少し空気が漏れる感じの声で、やや硬い声質になります。

原因

原因は、声帯への慢性的な機械的刺激です。声を過度に使う職業の方に多く、歌手、教師、声楽家に生じやすいです。また、小児の男児にも多くみられ、スポーツでの掛け声や声援が原因と考えられます。

治療

治療は、声帯ポリープと同様の方法で行います。

基本は声の衛生管理です。保存治療では、消炎剤の投与、手術治療では結節の除去になります。

しかし、結節の場合は、悪性にはならないので、手術で無理に除去せずとも人体への支障はありません。声の衛生管理により、小さな結節ならば、声を使わない期間を設けることで自然と消失します。また、小児の場合は、声変わりを契機に消失することが多いようです。職業に大いに関係する疾患のため、手術により除去するのではなく、声の衛生管理を通して正しい声の出し方を学び、自然と消失させたほうが体への負担も少なく、再発防止にもつながります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
STナビ管理人。言語聴覚士。