聴覚障害

聴覚障害

椎骨脳底動脈循環不全症

椎骨脳底動脈とは、大動脈から分岐した椎骨動脈が脳底部で合流して1本の脳底動脈となり、脳、特に脳幹や小脳へ血液を送る血管です。この血管が何らかの理由で血流障害を起こすと、脳に十分な血液が行き渡らない虚血状態になり、めまいが生じます。 ...
聴覚障害

前庭神経炎

風邪の症状から1~2週間して、突然まわりがぐるぐるまわるような激しい回転性めまいが起こる病気です。めまいのなかでも最も強い症状であり、立っていられないほどの発作が起こります。
聴覚障害

外リンパろう

ヒトの耳は、耳の穴から鼓膜までの外耳、鼓膜の奥の空間の中耳、さらに奥にあるカタツムリのような形の内耳の3つの構造に分かれています。中耳と内耳の間には、前庭窓と蝸牛窓という2つの窓があり、このうちの前庭窓を通って内耳に音が届きます。そして...
聴覚障害

メニエール病

耳鳴りや耳閉感(耳の詰まった感じ)、難聴を伴う回転性めまい発作があらわれる病気です。女性にやや多く、30歳~50歳に多く見られます。また、病気にかかる患者の9割が片耳に症状がみられます。
聴覚障害

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音を光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振動で知らせてくれる目覚まし時計などです。 これらは生活を過ごし...
聴覚障害

中耳の疾患(中耳炎、鼓膜穿孔など)

中耳は鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官です。 中耳の代表的な疾患を説明します。 鼓膜穿孔 外傷により鼓膜が穿孔(やぶれた)した状態です。外傷には直達外力と介達外力の...
聴覚障害

耳の解剖と聞こえについて

耳の解剖 外耳 耳介(がいじ)と外耳道(がいじどう)から作られます。 耳介は前後の方向感覚に役立ち、外耳道は鼓膜へ音を伝えるトンネルとしての働きをします。 中耳 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じ...
聴覚障害

純音聴力検査

一般的に「聴力検査」といえば、オージオメータという検査機器を用いて行う純音聴力検査のことを指します。この純音聴力検査とは、防音室でヘッドホンを着けて行い、片耳ずつ、その人が聴こえる一番小さい音音圧(デシベル:dB)を周波数(ヘルツ:Hz)ご...
聴覚障害

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで意味あいを持たせます。 「...
リハビリ・医療

集音器と補聴器の違い

集音器と補聴器の違いとは 世の中には聞こえを補助する機器として、「集音器」と「補聴器」があります。見た目も機能も似ている製品ですが、両者の違いは何でしょうか。 補聴器は管理医療機器、集音器は家電製品 まず、補聴...
タイトルとURLをコピーしました