STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

高次脳機能障害

ベントン視覚記銘検査(BVRT)

投稿日:

ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test:BVRT)は、元々は脳器質性障害をアセスメントする目的で考案された視覚的記銘力検査です。
図形の記憶や再生などを調べる検査で、視覚認知、視覚記銘力、視覚認知再構成などの側面を評価することができます。
検査の所要時間は10分程度で、難聴や言語障害のある方にも実施でき、モチベーションの低い高齢者でも検査を拒否することは少ないと言われています。
また、リハビリテーションなどの介入前後の評価を短期間内に行う際も、セットを変更することにより学習効果の残存要因を排除できるようになっています。
適用年齢は5歳~成人まで。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …

三宅式記銘力検査

対語法による聴覚性言語性記銘力検査です。 近時記憶、なかでも言語性の記憶能力を評価します。意味的関連の深い名詞(有関係対語)10対と意味的関連の希薄な名詞(無関係対語)10対から構成され、一対ずつ聞か …

カウフマン式児童用アセスメント・バッテリー(K-ABC)

カウフマン式児童用アセスメント・バッテリー(Kaufman Assessment Battery for Children:K-ABC)は、神経心理学と認知心理学の理論に基づき、心理学的アセスメントと …

高次脳機能障害の原因

主な原因 高次脳機能障害を呈する主な原因としては、60~70%を脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が占めます。次いで脳外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などの感染症があります。 こうした原因疾患へ …

時計描画検査(CDT)

時計描画検査(Clock Drawing Test:CDT)は、様々なスコアリング法が開発されていますが、臨床現場ではRouleau法が使用頻度が高くあります。 特徴 施行方法は、Command CD …