pt

身体動作のリハビリテーションの専門家である理学療法士(Physical Therapist:PT)。病院のリハビリテーション科などに所属し、医師や看護師、他のリハビリスタッフとチーム医療で働きながら、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。また、関節 可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改 善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。
今回は、理学療法士について説明していきます。

-スポンサードリンク-

理学療法士の仕事内容

理学療法士とは、ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。また、義手や義足・車椅子などの装具に関するリハビリテーションも行います。

対象とする疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い分野で活躍します。

治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士になるには

理学療法士は国の定める国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。

理学療法士になるには、高校を卒業後、養成校へ進学し、必要な知識と技術を身につけます。養成校には4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)があり、卒業後、理学療法士国家試験の受験資格を得ることができます。

そして、理学療法士国家試験に合格することで、晴れて理学療法士として活躍できることになります。

naruniha-pt

就職先

主な就職先は、大学病院、一般病院、リハビリテーションセンター、診療所、高齢者福祉施設などがあります。また、訪問リハビリテーション事業所、児童福祉施設、障害者福祉施設、保健所などで活躍する方もいます。医療・福祉の分野から離れてフィットネスクラブやスポーツチームなどで活躍する方も少なからずいます。

  • 介護保険施設
    通所リハビリテーション/訪問リハビリテーション/住宅改修・福祉用具のアドバイス
  • 医療機関
    病院/診療所
  • 保健機関
    健康教育/介護予防
  • 行政機関
    市・区役所/特別支援学級
  • 福祉施設
    障害者福祉センター/障害児(者)通所・入園施設
  • トータルヘルスプラン事業
    健康管理/スポーツ

参考