STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 嚥下障害

嚥下食ピラミッドについて

投稿日:

嚥下食ピラミッドについて

嚥下食ピラミッドとは、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会で発表された「5段階による嚥下食」の進化・発展形のことです。

すべての食事を摂食・嚥下の難易度にもとづいて、普通食から嚥下食までの6段階のレベルに分類し、各レベルごとの食物形態の物性条件を基準化することで、品質管理を行います。

すなわち、

  • 訓練食としての嚥下食を「レベル0,1,2」
  • 安定期における嚥下食を「レベル3」
  • 介護食(移行食)を「レベル4」
  • 普通食を「レベル5」

とする6段階に層別化したもので、それぞれ「5段階による嚥下食」の(1)開始食、(2)嚥下食I、(3)嚥下食II、(4)嚥下食III、(5)移行食とリンクしています。

pyramid

レベル0
嚥下開始食
均質性をもち、ざらつきや付着がないもので、重力だけでスムーズに咽頭内を通過する物性を有する食品が該当します。
代表的な例としては、お茶や果汁にゼラチンを加えて作る「お茶ゼリー」、「グレープゼラチンセリー」、「りんごゼリー」などが挙げられます。
たんぱく質は2g以下/100g。
レベル1
嚥下訓練食I
均質性をもち、ざらつき感やべたつき感が少なく粘膜に付着しにくい、ゼラチン寄せなどの食品が該当します。
「ねぎとろ」、「絹ごし豆腐入り味噌汁ゼリー」、「重湯ゼリー」、「全卵蒸し(具のない茶碗蒸し)」、「プリン」、「サーモンムース」などが代表的な例です。
たんぱく質は含まれてもかまいませんが、魚介類や肉類は原則として含みません。
レベル2
嚥下訓練食II
ペースト食をゼラチンで固めたもので、レベルIよりべたつき、ざらつきが多少ある不均質性のゼリー、ムース状の中心とする食品が該当します。
生クリームや油脂などを食材に加えることで、野菜、根菜類、魚肉類などのさまざまな食材を使って作れるので、普通の食事に近く、レベルIに比較するとメニューの幅が大きく広がります。嚥下寿司などが、代表的な例です。
肉・魚類、食物繊維の多い野菜類も対象となります。
レベル3
嚥下訓練食III
摂食・嚥下の過程の「3.口腔期」に障がいのある方に対応する食事です。パサつかず、むせにくく、なめらかな、ひと口大の大きさを目安とします。
ペースト食やクラッシュ状のゼリーなど。
不均一な食感のものはゲル化剤などを使ってゼリー状に固めたものを利用し、まとまりやすくしたもの。
レベル4
移行食・介護食
摂食・嚥下の過程の「3.口腔期」に障がいのある方に対応する食事です。パサつかず、むせにくく、なめらかな、ひと口大の大きさを目安とします。
やわらかくした食事で、煮物や水分を含むものなどが多い。嚥下よりも咀嚼を重視した食事。
刻むより「一口大」や「形あるもの」が理想的。必要ならば水分にとろみをつける。
レベル5
普通食
摂食・嚥下障がい者は食べることが困難な、ごく一般的な食事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 嚥下障害
-

執筆者:

関連記事

手話の種類(日本手話、日本語対応手話)について

手話とは、聴覚障害者の生活の中から生み出されてきた言語で、手や体の動きなどで単語を表現し、それをつなげていくことでコミュニケーションを取る方法です。同じ表現方法でも、表情や口形、位置や方向、強弱などで …

no image

吃音の言語症状

吃音の言語症状 吃音には3種類の特徴的な症状があります。一つ目はことばの話し方そのものにみられる言語症状、二つ目は言語症状に連動して身体面に起こる運動や動作などの随伴症状、三つ目は吃音によって引き起こ …

no image

脳神経とは

脳神経とは 脳神経とは、脳から出ている末梢神経のことで、頭部から顔面、頸部にかけての運動や感覚、自律神経を支配しています。ほとんどの中枢(神経核)は脳幹にあり、そこから左右12対の脳神経が発生していま …

no image

機能性発声障害(心因性失声症、音声衰弱症)

機能性発生障害とは声帯事態に特に問題が見られないのに発声機能の異常によって音声障害が発生する疾患の総称です。代表的なものとして心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害(別に項目を設けています)など …

no image

機能性構音障害

機能性構音障害とは 耳の聞こえに問題がなく、言葉を発するために必要な器官(唇や舌など)に異常がないにも関わらず、正しい構音ができない状態のことを機能性構音障害といいます。 原因 原因はいまだ解明されて …