STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

聴覚障害

純音聴力検査

投稿日:2015年12月24日 更新日:

一般的に「聴力検査」といえば、オージオメータという検査機器を用いて行う純音聴力検査のことを指します。この純音聴力検査とは、防音室でヘッドホンを着けて行い、片耳ずつ、その人が聴こえる一番小さい音音圧(デシベル:dB)を周波数(ヘルツ:Hz)ごとに調べます。また、調べた検査結果は、オージオグラムという検査用紙に記入していきます。

オージオグラムの見方

audiogram

オージオグラムは、縦軸に音圧(聴力レベルdB)、横軸に音の高さ(周波数レベルHz)が示された検査用紙です。
縦軸の音圧は、数字が大きくなるほど大きい音となり、横軸の周波数は、数字が大きくなるほど高い音となります。

検査結果は、右耳と左耳それぞれ区別して記入します。
気導聴力では、右耳を印、左耳を×印で記載し、直線で結びます。
骨導聴力では、右耳は 、左耳はで記載します。これは直線で結びません。
また、オージオメータの最大音でも聞こえない状態をスケールアウトといい、記号の横に を記載します。

図のオージオグラムの検査値は以下のようになります。

 \Hz
dB\ 
125 250 500 1k 2k 4k 8k
気導:右 30 30 40 45 50 50 55
気導:左 50 55 65 80 90 100
骨導:右 / 30 40 45 50 50 /
骨導:左 / 45 55 60 /

各周波数毎に検査値が出たら、それらの値から平均聴力レベルを算出します。
平均聴力レベルは、会話に最も重要とされる500Hz、1000Hz、2000Hzの周波数帯域の値を使って、4分法という計算式で算出します。

平均聴力レベル(4分法)={500Hz+(1000Hz×2)+2000Hz}÷4

図の検査結果から平均聴力レベルを算出すると、右45dB、左78.8dBとなります。

※ 計算方法は、一般的には4分法を使用しますが、制度によって異なる計算式を使用する場合もあります。

  • 身体障害者手帳・・・4分法
  • 労働者災害補償保険法・・・6分法
  • 騒音障害防止のためのガイドライン・・・3分法

気導聴力と骨導聴力について

気導聴力の伝導路
kidou 通常、音を聞くという場合、空気の振動が耳に入り、外耳→中耳→内耳の順に進んでいき、脳で感知されます。この耳からの聴こえのことを「気導聴力」と言います。
骨導聴力の伝導路
kotsudou 音を聞く方法は、空気の振動だけでなく、頭の骨に直接振動を与えて音を聞く方法もあります。額や耳の後ろの骨に振動受話器を当てることにより、外耳・中耳をかえさずに直接内耳に音を届けます。この骨から伝わる振動による聴こえのことを「骨導聴力」と言います。

※ ひと昔前に、骨で聞く携帯電話が流行りましたが、それはこの骨導を利用して内耳で直接音を聞く方法を使用しています。

気導聴力と骨導聴力の2つの経路の聴力検査をする理由は、それぞれの検査をすることにより、おおまかな障害部位の診断ができるからです。

  • 気導聴力が悪く、骨導聴力が正常な場合は、音を伝える器官に異常がある。
    →つまり伝音性難聴だとわかる。
  • 気導聴力と骨導聴力の両方が悪い場合は、音を感じる器官に異常がある。
    →つまり感音性難聴だとわかる。
  • 気導聴力と骨導聴力の両方が悪いが、それぞれの聴力に差がある場合は、音を伝える器官に異常があり、また、音を感じる器官にも異常がある。
    →つまり混合性難聴だとわかる。

このように、気導聴力と骨導聴力の両方を検査することで、難聴のタイプの判別ができ、おおまかな障害部位がみえてくるため、症状診断の有力な手掛かりになります。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-聴覚障害
-,

執筆者:

関連記事

外耳の疾患

外耳とは 耳介と外耳道から作られる器官を外耳と呼びます。 外耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご覧ください。 耳介奇形 生まれつきの耳介の …

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、起き上がる、姿勢を変えるなど頭の動きを伴う動作をきっかけに突然起こる回転性めまいです。症状は1分ほどで治まりますが、ときに嘔吐を伴う程のぐるぐると回転する強い感覚 …

聴覚障害者向けの情報保障機器と日常生活用具

情報保障機器 聴覚障害者が日常生活を円滑に送るために、世の中には便利な機器がたくさんあります。 例えば、インターホンや電話のベル音が聞こえない場合に光で知らせてくれる装置や時刻をアラーム音の代わりに振 …

聴性脳幹インプラントとは

脳に近い中枢に障害のある難聴の場合は、手術による治療は困難なうえ、人工内耳の適用にもならない経緯がありました。しかし、1979年にアメリカの脳神経外科医W.Hitselbergerによって、脳幹の蝸牛 …

中耳の疾患

中耳とは 鼓膜(こまく)、耳小骨(じしょうこつ)、耳管(じかん)から作られる器官を中耳と呼びます。 中耳の代表的疾患には以下のようなものがあります。 ※耳の構造については、耳の解剖と聞こえについてをご …



サイト内検索

人気記事

まだデータがありません。