STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

福祉・介護 高次脳機能障害

精神状態短時間検査(MMSE)

投稿日:

精神状態短時間検査(Mini-mental State Examination:MMSE)は、元々は、精神疾患のなかで認知障害を有する患者を検出することを目的として考案されたものです。
この検査は実施が容易なことや、臨床的有用性の高さから、神経疾患や一般内科疾患、認知症疾患の認知機能テストとして広く用いられてきました。

日本では、日本語版MMSE(MMSE-J)が発売されています。

MMSEの特徴

  • 認知症の疑いを判断するスクリーニング検査
  • 国際的に使用されている
  • 採点のカットオフ値は、30点満点中21点以下
  • 認知機能の検査は、質問形式の11項目(時間の見当識、場所の見当識、即時想起、注意と計算能力、遅延再生(短期記憶)、言語的能力、図形的能力(空間認知))

認知症の類似検査

MMSEとともに認知症のスクリーニング検査として知られている評価方法に「HDS-R」があります。HDS-Rは、1991年に改訂長谷川式簡易知能評価スケールとして改訂されており、MMSEに比べ、口頭での質問事項のみで検査ができるのが特徴的です。日本の医療・介護現場ではHDS-Rを活用することが多いようです。

関連記事

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-福祉・介護, 高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高次脳機能障害者の社会保障制度

高次脳機能障害者の社会保障制度 高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、制度や福祉サービスを利用することができます。障害の程度や年齢、原因疾患により利用できるサービスはさまざまですので、ま …

自伝的記憶検査(ABMT)

自伝的記憶検査(Autobiographical Memory Test:ABMT)は、逆向性記憶に関する評価を行う検査です。 日本語版では、自叙伝的記憶検査や慶應版自伝的記憶検査が公開されています。 …

遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)

遂行機能障害症候群の行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome:BADS)は、生態学的妥当性を意識した日常生活上の遂行機能に関する …

長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

長谷川式簡易知能評価スケール(Hasegawa Dementia Scale:HDS-R)は、日本におけるもっとも長い歴史をもつ認知症のスクリーニング検査です。5分〜10分程度で実施可能なため、医師・ …

価格テスト

価格テスト(Prices Test)は、身近な物の現在の価格を質問することにより、逆向性健忘の程度を測定する検査です。 特徴 日本語版では以下のことに留意した上で、価格を質問する物品が選択されています …