補聴器の寿命は?長く持たせるコツは?

補聴器も機械ですので長く使えば劣化していつかは壊れます。補聴器のおおよその寿命と長持ちさせる方法を説明します。

補聴器の寿命はどれくらい?

「高い買い物だから長く保たせたい」このような言葉をよく聞きます。高価なものなので当り前ですよね。

補聴器の寿命はおおよそ5年と言われています。補聴器は医療機器という扱いですが、あくまでも機械ですので、古くなれば劣化し、壊れてしまいます。また、乱暴な使い方をしていたり、メンテナンスを怠っていたりすると、寿命はその分短くなります。

日々のメンテナンスで寿命がのびる!

補聴器を使っている方のなかには5年以上、長いと10年以上同じ補聴器を使い続けている方もいます。

補聴器を長く使い続けるコツ、それは日頃から補聴器のメンテナンスを欠かさないことです。

繰り返しになりますが、補聴器は機械です。汗や汚れがついたままほおっておくとサビや故障の原因につながります。故障は寿命の短縮につながります。

日頃から乾燥ケースに入れて補聴器を休めたり、定期的に補聴器店で掃除をしたりとメンテナンスをすることが補聴器を長く使うのに大切です。

コメント