STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 音声障害

機能性発声障害(心因性失声症、音声衰弱症)

投稿日:

機能性発生障害とは声帯事態に特に問題が見られないのに発声機能の異常によって音声障害が発生する疾患の総称です。代表的なものとして心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害(別に項目を設けています)などがあります。

原因

心因性失声症では、精神的ショックが原因となるケースが多く、特に女性に多く見られます。音声衰弱症では、ストレスや心因が原因となることが考えられています。

症状

心因性失声症

突然、声が出なくなる、出せてもささやくような声になるというような症状が現れます。しかし、咳をするときには声帯の運動が確認できます。

音声衰弱症

最初はふつうに声が出せているが、徐々に弱々しくなってしまう症状です。

治療

精神的ショックや心因が原因の場合が多いので、精神的安定を図ることが第一となります。また治療では心理療法、音声訓練も取り入れていきます。しかし、心因が特定できない場合もあるため、むやみに心理的アプローチをしないように心掛けていきます。心因が除去されても症状が改善しないケースもあり、その場合は系統的に音声訓練を実施していくことで声を出せるようになることもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 音声障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

脳波を利用した聴力検査

脳波を利用した聴力検査とは 純音聴力検査や語音聴力検査、幼児聴力検査は、「きこえ」を調べるにあたって、検査を受ける本人に「きこえる」「きこえない」を応答してもらう自覚的聴力検査と言います。しかし、この …

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

no image

脳性まひ

脳性麻痺とは、脳の損傷によって起こる中枢性の姿勢・運動の障害であり、原因や症状が重なりあい、ひとつの症候群模様を示します。 定義 日本では、「受胎から新生児(生後4週以内)までの間に生じた、脳の非進行 …

no image

脳血管障害(脳卒中)とは

脳血管障害(脳卒中) 脳血管障害(CVA:cerebrovascular accident)とは、脳の血管系の異常によって起こる病態全てを意味することばです。脳血管障害は医学的な呼び名で、一般的には脳 …

no image

吃音の治療・訓練

吃音の治療について 吃音はいまだに根本的な原因が不明なため、すべての吃音者に対して有効な方法は存在しません。ですが、吃音者によっては、一定の効果が出る治療法も存在することは確かです。 治療法には多くの …