STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

福祉・介護 高次脳機能障害

精神状態短時間検査(MMSE)

投稿日:

精神状態短時間検査(Mini-mental State Examination:MMSE)は、元々は、精神疾患のなかで認知障害を有する患者を検出することを目的として考案されたものです。
この検査は実施が容易なことや、臨床的有用性の高さから、神経疾患や一般内科疾患、認知症疾患の認知機能テストとして広く用いられてきました。

日本では、日本語版MMSE(MMSE-J)が発売されています。

MMSEの特徴

  • 認知症の疑いを判断するスクリーニング検査
  • 国際的に使用されている
  • 採点のカットオフ値は、30点満点中21点以下
  • 認知機能の検査は、質問形式の11項目(時間の見当識、場所の見当識、即時想起、注意と計算能力、遅延再生(短期記憶)、言語的能力、図形的能力(空間認知))

認知症の類似検査

MMSEとともに認知症のスクリーニング検査として知られている評価方法に「HDS-R」があります。HDS-Rは、1991年に改訂長谷川式簡易知能評価スケールとして改訂されており、MMSEに比べ、口頭での質問事項のみで検査ができるのが特徴的です。日本の医療・介護現場ではHDS-Rを活用することが多いようです。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-福祉・介護, 高次脳機能障害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コース立方体組み合わせ検査

コース立方体組み合わせ検査(Kohs Block Design Test)は、Kohsによって開発された、積木模様の組み合わせだけにより一般知能としてのIQを算出できる検査です。 元々は聴覚障害者や言 …

標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia:VPTA)は、日本失語症学会により、視覚失認、視空間失認を中心とした高次視知覚機能やその障害を包括的に把握でき …

no image

地域包括ケアシステムとは

日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、65歳以上の人口は現在3,000万人を超えており、国民の4人に1人が高齢者であるという急速な高齢化社会にあります。高齢者人口は今後も増加を続け …

DN-CAS認知評価システム

DN-CAS認知評価システム(Das-Naglieri Cognitive Assessment System:DN-CAS)は、PASS理論に基づくプランニング、注意、同時処理、継次処理の4つの認知 …

no image

高次脳機能障害に関する記事まとめ

高次脳機能障害に関する記事をまとめました。新しい記事が投稿されましたら随時追加していきます。