STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

リハビリ・医療 聴覚障害

補聴器の福祉制度の利用

投稿日:

総合支援法による補装具費支給制度

障害者総合支援法の補装具費支給制度は、身体障害者手帳の聴覚障害の等級を所持している方を対象とした補聴器購入費の助成を行う制度です。

聴覚障害の等級や障害の状況により支給されるタイプが異なります。この制度はお住まいの市区町村障害福祉担当課が窓口になりますので、詳しくはそちらにお問い合わせください。

身体障害者手帳の取得方法

  1. お住まいの市区町村障害福祉課等で「身体障害者手帳交付申請書」をもらいます。
    そのときに、病院の指定を受けます。
  2. 指定された病院を受診し、「身体障害者診断書・意見書」を書いてもらいます。
    ※ 診断書料がかかる場合があります。
  3. 障害福祉担当課へ「身体障害者手帳交付申請書」、「身体障害者診断書・意見書」を提出します。
    ※ 身体障害者手帳の交付には判定の適否があります。
  4. 判定の結果、認められれば身体障害手帳が交付されます。

 補聴器購入費の助成申請

  1. 身体障害者手帳・印鑑をもってお住まいの市区町村障害福祉担当課へ行き、「補装具費支給申請書」をもらいます。
    そのとき、病院の指定を受けます。
  2. 指定された病院を受診し、「補装具費支給診断書・意見書」を書いてもらいます。
    ※ 診断書料がかかる場合があります。
  3. 「補装具費支給申請書」を持って補聴器販売店に行き、見積書を作ってもらいます。
  4. 障害福祉担当課へ「補装具費支給申請書」、「補装具費支給診断書・意見書」、「補聴器の見積書」を提出します。
    ※ 補装具費の支給には判定の適否があります。
  5. 判定の結果、認められれば「補装具費交付券」が交付されます。
  6. 「補装具費支給券」に必要事項を記入して、補聴器販売店へ行きます。
    「補装具費支給券」と自己負担金を支払い、補聴器を購入できます。

※ 上記の流れは、あくまで一例であり、お住まいの市区町村によっては流れが異なる場合があります。詳しくはお住まいの市区町村障害福祉担当課にご確認ください。

※ 自己負担額は原則1割です。ただし、所得によっては例外もあります。

名称 基本構造 価格
高度難聴用ポケット型 JIS-C-5512-2000による90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル未満のもの。
90デシベル最大出力音圧のピーク値が125デシベル以上に及ぶ場合は出力制限装置を付けること。
\34,200
高度難聴用耳かけ型 \43,900
重度難聴用ポケット型 90デシベル最大出力音圧のピーク値の表示値が140デシベル以上のもの。
その他は高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
\55,800
重度難聴用耳かけ型 \67,300
耳あな形(レディメイド) 高度難聴用ポケット型および高度難聴用耳かけ型に準ずる。
だだし、オーダーメイドの出力制限装置は内蔵型を含むこと。
\87,000
耳あな形(オーダーメイド) \137,000
骨導式ポケット型 IEC Pub 118-9(1985)による90デシベル最大フォースレベルの表示値が110デシベル以上のもの。 \70,100
骨導式眼鏡型 \120,000

hosougujosei

軽度・中等度難聴児の補聴器購入費助成事業

身体障害者手帳のレベルには該当しないが、聴力に問題のある児童の補聴器購入費を助成する事業です。

この事業は、まだ全国的には行われておらず、一部の市区町村が自主的に行っている段階です。そのため、事業の有無についてはお住まいの市区町村障害福祉担当課にお問い合わせください。

高齢者の補聴器購入費助成事業

身体障害者手帳のレベルには該当しないが、聴力に問題のある65歳以上の高齢者の補聴器購入費を助成する事業です。

この事業は、まだ全国的には行われておらず、一部の市区町村が自主的に行っている段階です。そのため、事業の有無についてはお住まいの市区町村障害福祉担当課にお問い合わせください。

この記事の投稿者

宮崎 関大
宮崎 関大
言語聴覚士。専門は成人聴覚障害。補聴器やコミュニケーション方法についてメインで執筆していく予定。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-リハビリ・医療, 聴覚障害
-, ,

執筆者:

関連記事

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知 …

遺伝性難聴

遺伝性難聴とは 遺伝性難聴とは、家族間に発症する遺伝子の変異による難聴を指します。遺伝性難聴の発症頻度は1000人に1人と報告されており、難聴だけを症状とする非症候群性難聴と難聴の他に眼疾患、腎疾患な …

とろみの必要性について

とろみの必要性について 口から食べる機能が障害されると、一般的に水分やお茶、味噌汁のようなものが上手に飲めなくなります。水のようにサラサラした粘度の低い液体は、動きが速く、口の中で広がりやすいため、誤 …

認知症と難聴の関係について

厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近 …

吃音の治療・訓練

吃音の治療について 吃音はいまだに根本的な原因が不明なため、すべての吃音者に対して有効な方法は存在しません。ですが、吃音者によっては、一定の効果が出る治療法も存在することは確かです。 治療法には多くの …