嚥下障害

勉強・国家試験対策

嚥下障害のポイント

国家試験対策として摂食・嚥下障害のポイントをまとめました。参考になれば幸いです。
歯科・口腔

「あいうべ体操」で手軽に感染予防!

あいうべ体操とは 私たちは、正しく鼻で呼吸している時は、舌の表面は全体が上あご(硬口蓋)にピタリとついています(高位舌)。舌は舌筋という筋肉でできていて、この筋力が弱ければ口を閉じた時に舌の位置が1センチほど下がり、下の歯の裏側につく...
リハビリ・医療

嚥下障害にかかわる検査(VF、VE)

嚥下障害にかかわる検査のなかで特に嚥下造影検査(VF)と嚥下内視鏡検査(VE)の説明をします。 嚥下造影検査(swallowing videofluorography:VF) バリウムなどの造影剤を含んだ模擬食品をX線透視下に嚥...
リハビリ・医療

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査)

嚥下障害にかかわる簡易検査(スクリーニング検査) 嚥下障害を診断する検査には、嚥下障害の有無を簡便に評価するスクリーニングテストと嚥下障害の障害程度を評価する検査があります。 嚥下運動は外部から観察しにくく、身体所見のみで障害の程度...
リハビリ・医療

嚥下障害のリハビリテーション(直接訓練)

嚥下障害のリハビリテーションについて 摂食・嚥下障害に対するリハビリテーションには、嚥下器官へ刺激や運動を加えて間接的に嚥下を改善しようとする間接訓練(機能改善アプローチ)と姿勢や食物形態の調整、摂取方法の統制といった方法で直接的に障...
リハビリ・医療

嚥下障害のリハビリテーション(間接訓練)

嚥下障害のリハビリテーションについて 摂食・嚥下障害に対するリハビリテーションには、嚥下器官へ刺激や運動を加えて間接的に嚥下を改善しようとする間接訓練(機能改善アプローチ)と姿勢や食物形態の調整、摂取方法の統制といった方法で直接的に障...
リハビリ・医療

嚥下障害者の食物の形態について

嚥下障害者の食物の形態について 食物の種類と形態 嚥下障害患者にとって、食物は咀嚼や食塊形成の障害を補うことができ、咽頭残留や誤嚥の危険が少ないものでなければなりません。 そのため、食物に求められる条件は、 ...
リハビリ・医療

摂食・嚥下障害の原因

摂食・嚥下障害の原因 嚥下障害の原因は、器質的(解剖学的)原因、機能的(生理学的)原因、心理的原因、加齢にともなう機能低下の4つに分けられます。 器質的(解剖学的)原因 器質的障害とは、口腔、咽頭、食道などの解...
リハビリ・医療

嚥下体操

嚥下体操 嚥下体操とは、飲み込みに問題のある方やむせやすい方、高齢者など多くの嚥下に不安のある方を対象とした食事前の口や舌、のどの準備体操のことです。 体操により口や舌、のどを動かすことで筋力アップを図り、誤嚥予防に効果があ...
リハビリ・医療

物を飲み込む(嚥下)流れと障害が疑われる症状

摂食・嚥下過程の流れ 正常な摂食・嚥下では、先行期、口腔準備期、口腔送り込み期、咽頭期および食道期の5つのステージに分けられます。これを摂食・嚥下の5期モデルといいます。 先行期:目で見て食べ物を認知する 準備期:食べ物を...
タイトルとURLをコピーしました