補聴器

聴覚障害

デジタルワイヤレス補聴援助システム「ロジャー」

補聴器は、話者との距離が離れたり、周囲が騒がしかったりすると、聞きにくくなる傾向があります。これは補聴器や人工内耳のマイクの集音性能が約1~2mと言われているからです。 これらの問題を改善するための機器が補聴援助システムです。話者がワイヤ...
聴覚障害

ヒアリングループ(磁気誘導ループ)の仕組みと使い方

補聴器や人工内耳装用者が教室や会議室での発言をしっかり聞くために、また観劇や舞台、映画をより楽しむための装置として、ヒアリングループ(Hearing Loop)という装置があります。 ヒアリングループは国際的な名称で、日本では「磁気誘導ル...
聴覚障害

補聴援助システムについて

補聴援助システムとは、遠くの人の音声を補聴器に直接届けることのできる機器のことです。例えば、広い教室での先生の声や会議室でのプレゼンなど、話者との距離が遠くなるほど声は減衰するため補聴器による集音性も低下していってしまいます。そこで有効な...
福祉機器・アプリ

補聴器を買うときの助成について(補装具費制度)

障害のある方が補装具を製作する際に費用を助成する制度が補装具費支給制度です。 補聴器も補装具費支給制度に該当しますので、制度の利用ができます。 申請の窓口はお住いの市役所・区役所の障害福祉課です。制度利用の流れについて説明していきます。...
リハビリ・医療

感音性難聴の今の私の聴こえと健聴だった頃の聴こえを比較してみた

難聴は「目に映らない障害」と言われており、接しても気づかないことも少なくありません。そのことから誤解を受けたり、支障があったりと、生活上の不便さを訴える声も聞こえます。 そんな難聴者の現実を説明した投稿をTwitterで見つけ...
聴覚障害

障害者総合支援法を利用して補聴器購入の助成を受ける方法

身体障害者手帳をお持ちの方は、補聴器を購入する際に購入費用の助成を受けることができます。どのような手続きが必要か、助成の流れをご説明します。 身体障害者手帳の利用とは 身体障害者手帳の聴覚障害の等級を取得している方は...
聴覚障害

補聴器の寿命は?長く持たせるコツは?

補聴器も機械ですので長く使えば劣化していつかは壊れます。補聴器のおおよその寿命と長持ちさせる方法を説明します。 補聴器の寿命はどれくらい? 「高い買い物だから長く保たせたい」このような言葉をよく聞きます。高価なものなので...
聴覚障害

補聴器は両耳に装用して方が効果があるのか?

補聴器は利用するうえで、「両耳につけた方が良いのか?」という疑問をお持ちの方は多いと思います。耳は左右にあるのだから、単純に両耳につけた方が良いと思われがちですが、しかしそう単純なことではありません。 補聴器を両耳につける...
聴覚障害

難聴による身体障害者手帳の取得について

身体上の障害が認定された方に対して交付される手帳であり、手帳を所持していることで各種福祉サービスを受けることができます。 身体障害者手帳で利用できるサービス 税金の控除、交通機関の運賃の割引、美術館や博物館などの公共施設の入...
聴覚障害

難聴を疑うべきサイン

高齢者の難聴は、本人の自覚なく進行し、ご家族から指摘されて気づく場合も少なくありません。「難聴かも?」と感じた場合に疑うべきサインを説明します。
タイトルとURLをコピーしました