STナビ

医療・福祉・介護・リハビリテーションの情報サイト:STナビ

言語聴覚士国家試験過去問

言語聴覚士国家試験過去問一覧

投稿日:

第1回から第16回までの言語聴覚士国家試験過去問題を掲載しています。最新の試験問題については随時更新していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-言語聴覚士国家試験過去問
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

第10回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問正しいのはどれか。 脳性麻痺は痙直型、アテトーゼ型、失調型のいずれか一つに分類される. 知能低下は失認の直接的な原因となる。 伝音難聴では補充現象は生じない。 運動低下性構音障害では筋緊張は …

第7回 言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問我が国の3大死因はどれか。 a.自殺 b.肺炎 c.悪性新生物 d.脳血管疾患 e.心疾患 a、b、c a、b、e a、d、e b、c、d c、d、e 解答 第2問我が国の自殺について正しいのは …

第1回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問 発音の障害が主症状であるが原因は明らかにされておらず、ことばの習得期に問題化することが多いのはどれか。 機能性構音障害 言語発達遅滞 吃音 失語症 器質性構音障害 解答例<3> …

第16回言語聴覚士国家試験 午前(1~100)

第1問 脳卒中患者においてICF(国際生活機能分類)の参加制約に当てはまるのはどれか。 1. 片麻痺 2. 失語症 3. 構音障害 4. 歩行障害 5. 職場復帰困難 解答 第2問 ウィリス動脈輪を構 …

第7回 言語聴覚士国家試験 午後(101~200)

第101問誤っているのはどれか。 標準検査は見本集団を用いて得点が標準化されている。 検査の妥当性を調べるため他の検査との相関を調べる。 検査の基準値には一定の幅がある。 検査の信頼性は注目する属性を …